ト ッ プ

御 挨 拶

診療案内

医師紹介

交通案内

お知らせ

トピックス

健康講座

医療相談

リンク集

求人案内

研究業績

BMP6195.gif       小児気管支喘息

                                    (文責:宮下満恵)

   Nちゃんは、3歳の男の子です。生後8ヵ月頃から、かぜをひくと、ゼイゼイ・ヒューヒューという
呼吸になることがたびたびありました。今年の梅雨時には、夜眠れないほどせき込み、ゼイゼイが続き、
肩で苦しそうに息をするようになり、気管支喘息と診断しました。テオフィリン薬の内服とクロモグリク
の吸入療法を開始し、また、日常対策について、次のようにアドバイスしました。

(1)ダニ除去の掃除メニュー

   寝室は毎日掃除する。換気をし、晴れた日は寝具類を天日干しし、週に1度は、1uあたり
20秒以上の時間をかけて、寝具の両面に掃除機をかける。枕・シーツ・カバー類は、週1回は洗濯する。
梅雨明けに大掃除をする。収納していた毛布類は、使用前に洗濯し、天日干しした後、掃除機をかける。

(2)鍛練療法

   早寝早起き・薄着・乾布摩擦・冷水浴により自律神経を鍛える。また、水泳などの運動療法・腹式呼吸・
排痰訓練を行なう。

(3)その他の注意

   タバコの煙は発作の引き金になるので、家族は禁煙する。毛の生えた動物や鳥などのペットは飼わない。
保育園や幼稚園では、特別扱いされることなく、また安全に生活できるように、担任の先生とよく連絡をとり合う。   

   秋になりましたが、Nちゃんの喘息は落ち着いています。今後も発作ゼロを目指し、皆で協力し合って
行きたいと思います。